カテゴリー別アーカイブ: ブログ

くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 地車紹介編 その二

くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 地車紹介編 その二

11月5日(土)・6日(日)に開催される くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 ~地車と日本酒と肉の博覧会~ に今回参加する地車の紹介 その二です。

 

福島区

・海老江西之町

001

安政2年(1855)製作。大工《三木屋》卯兵衛 彫刻師 相野徳兵衛

002

 

旭区

・赤川

003

昭和23年 《大音組》飯田松太郎 彫刻師 松田正幸により製作。松田正幸の彫刻は一部で古い彫刻を使い製作された地車。今回 大下工務店にて 肩背棒を取り替える。

 

平野区

・西脇組

004

安政3年(1856)に製作。彫刻師は服部清七

005

 

都島区

・内代

007

明治22年頃 現大阪市中央区安土町より購入。昨年 大下工務店により彫刻を残し、大改修を行う。

008

 

東住吉区

・育和

009

昭和6年 《大宗》植山宗一郎 彫刻 森曲江・吉岡義峰・黒田正勝により製作。平成5年 泉大津市出屋敷より購入。

010

 

東大阪市

・岸田堂

011

平成3年製作。彫刻は井波彫刻を採用し、木鼻・枡組は当時の井波彫刻新人展示会

で「新人賞」を受賞した作品。

012

 

・横沼

013

明治中期頃製作。平成4・16年に 大下工務店にて改修。

014

 

・岩田町

015

昭和60年 天野工務店 彫刻師 松田正幸・中山慶春・木下賢治師により製作。平成17年 堺市深井東町より購入。平成26年 獅噛みを《木彫 前田工房》前田暁彦師により新調。

016

 

・川田

017

明治25年 《住吉大佐》十一代目 川崎宗吉製作。

018

 

・布施地車連合会(大蓮)

019

今回 布施地車連合会として 大蓮地車が参加。平成21年 大下工務店にて新調。彫刻は、《木彫 近藤》近藤晃師・瀧川千春師。

020

 

 

大東市

・西諸福

021

先代地車は、昨年の地車in大阪城にて、曳き納めを行い、今年は新調地車にて参加。

大工《大下工務店》大下孝治匠 彫刻《辰美工芸》により製作。総彫刻地車。

022

023

 

・灰塚

024

明治期に製作。平成17年 河内長野市西代より購入。平成17・21・26年 北本工務店にて改修。

 

・御領(ゲスト参加)

025

今回 初登場の北河内型の地車。西諸福地車と同じく、大工《大下工務店》大下孝治匠 彫刻《辰美工芸》による新調地車。

026

 

守口市

・南寺方

027

平成28年 泉谷工務店新調。彫刻は《木彫山本》一門。

028

 

門真市

・下馬伏

029

南寺方先代地車

030

 

堺市

・津久野 宮山

031

平成5年 天野工務店新調 彫刻師 松並義孝師。泉州地域の地車としては、初参加。

032

 

くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 地車紹介編 その一

くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 地車紹介編 その一

11月5日(土)・6日(日)に開催される くまもと復興支援プロジェクト 地車in大阪城2016 ~地車と日本酒と肉の博覧会~ に今回参加する地車の紹介。

大阪市城東区
・鴫野 南之町
001
昭和27年製作 大工 田中金蔵 彫刻師《番匠屋》十五代目田村与八郎・川原啓秀
平成11・13・15年と岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は川原和夫師・川原正士師
《木下彫刻工芸》木下賢治師
002

・鴫野 西之町
003
明治21年頃製作 大工 不詳 彫刻師 相野伊兵衛(一部)《彫清》
平成20年岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は《御堂製作所》
004

・鴫野 中之町
005
昭和28年製作 大工 田中金蔵 彫刻師《川原》一門
平成18年 岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は川原和夫師・川原正士師
《木下彫刻工芸》木下賢治師
006

・鴫野 東之町
007
明治年間製作 大工・彫刻師 不詳
平成22年 岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は川原和夫師・川原正士師
《辰美工芸》
008

・鴫野 天王田
009
製作年・大工不詳 彫刻師は小松源助
平成16年 岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は川原和夫師・川原正士師
《木下彫刻工芸》木下賢治師
010

・鴫野 永田町
011
天保嘉永年間と推察 大工不詳 彫刻師は小松源蔵と推察
平成17年 岸和田《大下工務店》にて改修。彫刻は川原和夫師・川原正士師
《木下彫刻工芸》木下賢治師 《御堂製作所》
012

・今福北之町
013
平成21年 《大市》河合工務店新調 彫刻は《御堂製作所》
014

・今福西之町
015
江戸末期から明治期製作 大工 不詳 彫刻は相野一門
016

・中浜町
017
昭和26年製作 大工 《大音組》飯田松太郎 彫刻師《萬屋》松田正幸
018

・諏訪
019
江戸末期の慶応年間に製作 大工 不詳 彫刻は長谷川市三郎
020

大阪市生野区
・中川
021
平成21年 《大下工務店》新調 彫刻は《木下彫刻工芸》木下賢治師
022

・岡
023
明治37年製作 大工 不詳  彫刻は辻田友次郎 平成22年東大阪市御厨より購入。
024

・片江
025
明治30年 《住吉大佐》十二代目 川崎宗吉

大阪市鶴見区
・今津
026
明治24年製作 大工 石川辰次郎  彫刻 彫又一門
027

大阪市西淀川区
・野里東之町
028
平成22年 《大市》河合工務店新調 彫刻は《御堂製作所》
029

4月10日 東大阪市 小若江地車 修理完成入魂式

4月10日 東大阪市 小若江地車 修理完成入魂式

 

来る4月10日 東大阪市弥刀地区 小若江地車が大下工務店にて修理を行い、修理完成入魂式が行われます。行った修理は、灰汁洗い、締め直し、勾欄合一部新調入れ替え、彫刻繕い、肩背棒取替えです。午前9時半より

001

002

 

※入魂式・式典会場には駐車スペースは用意されていません。無断駐車・迷惑駐車などなされないよう、公共交通機関やコインパーキングなどのご利用をお願い致します。

 

 

奉賀新年

奉賀新年

 

新年明けましておめでとうございます。新しき年を迎え、皆様方のご多幸を心よりお祈りします。上地車新報は、今年で干支を一周し十二年目を迎える事が出来ました。これもひとえに平素より皆様方のご協力とご理解の賜物と社員一同、感謝申し上げる次第です。

 

平成二十八年は、数多くの上地車の新調が予定されています。大下工務店より、大東市西諸福地車、同じく大東市御領地車。河合工務店より堺市東区南野田地車。隆匠より東大阪市衣摺地車。板谷工務店より藤井寺市伴林地車。などが新調され、また、近年 補助金を活用しての修理・復元が多く行われ、年度内の入魂式・御披露目曳行等が行われ、以前冬の祭礼オフシーズンに地車曳行が観る事ができ、嬉しい限りです。

 

新年最初の地車行事と言えば やはり1月3日(日)の平野区杭全神社の注連縄上げ。毎年多くの観客が訪れ、地車マニアの新年初顔合わせの場になっています。本年の当番地区は『市町』です。午前8時頃~午後1時頃まで。

 

画像は昨年の 市町の宮入り風景です。

 

001

 

002

 

003

 

西宮市塩瀬町名塩 「名塩八幡トンネル開通記念イベント」

西宮市塩瀬町名塩「名塩八幡トンネル開通記念イベント」

7月12日(日) 西宮市塩瀬町名塩の「名塩八幡トンネル開通記念イベント」にて地車8台・子供神輿1台 参加します。雨天の場合、イベントは開催されますが、地車曳行は中止となります。
午前8時半に大西町・西之町・山之町が名塩小学校交差点から国道176号線へ、名塩会館前で回送され待機中の木ノ元町と合流し、蘭学通りへ。

午前9時頃から名塩八幡神社参道の坂を木ノ元町→東之町→山之町→北之町→中之町→南之町→西之町→大西町の順で出発し、イベント会場に午前9時半 先頭到着予定。

午前10時からイベント開始。10時50分頃からパレード開始。午後12時頃に会場を退場。会場入口は南之町地車蔵近辺です。

式典会場には駐車スペースは用意されていません。無断駐車・迷惑駐車などなされないよう、コインパーキングや公共交通機関などのご利用をお願い致します。

001_木之元町
(木之元町)
002_東之町
(東之町)
003_山之町
(山之町)
004_北之町
(北之町)
005_中之町
(中之町)
006_南之町
(南之町)
007_西之町
(西之町)
008_大西町
(大西町)