編集部 のすべての投稿

生野区 生野神社地車講 昇魂式・お別れ曳行

生野区 生野神社地車講 昇魂式・お別れ曳行

001_姿見

002_大屋根

2月1日(日)大阪市生野区 生野神社の「生野神社地車講」の地車が、地車購入に伴い現地車の昇魂式とお別れ曳行を行います。午前9時より

003_古写真
(昭和10年頃の様子)

生野神社が鎮座する舎利寺地区では、戦前より地車を保有していましたが、昭和27、8年の曳行を最後に長年途絶えていました。しかし、地車を復活させようと有志会を立ち上げ、現地車を購入。平成22年6月27日に入魂式を行い、約六十年振りに地車曳行を復活させました。

004_改修前 姿見

005_改修前 姿見
(改修前)

この地車は、江戸末期から明治初期に堺の地車大工により製作された「堺型」地車で、何処かで新調されたかは不明ですが、明治期には河内長野市小山田地区が所有し、同じく明治期に同市原地区が購入。原地区が現地車新調に伴い、昭和63年に同市滝畑地区に譲渡されました。滝畑地区では平成9年まで曳行されていましたが、過疎化等の理由で曳行を休止。平成21年「太鼓工房 河内屋」が購入し、本体の洗い・台木の入替え・錺金物のメッキ直し等を〈大市〉事 河合工務店にて改修工事を行い、平成22年に有志会が購入しました。有志会は入魂式に先立ち、平成22年6月6日に正式に「生野神社地車講」として発足しました。

006_見送り(後正面)

007_見送り(右)

008_見送り(左)

009_花戸口

 

昇魂式を終えた地車は、柏原市上市地区が購入する事が決まっており、某日に搬入予定。

 

恭賀新年

恭賀新年

 

新年明けましておめでとうございます。新しき年を迎え、皆様方のご多幸を心よりお祈りします。

平成二十七年も数多くの上地車が修理・改修され入魂式・御披露目曳行が行われます。また、新たに 植山工務店から神戸市東灘区住吉地区 西區地車、河合工務店から大阪市都島区 都島地車が新調・御披露目され、嬉しい限りです。

 

新年最初の地車行事と言えば やはり1月3日の平野区杭全神社の注連縄上げ。毎年多くの観客が訪れ、地車マニアの新年初顔合わせの場になっています。本年の当番地区は『流町』です。

 

DSC_14791)

 

DSC_1496

 

DSC_1529
1月3日(土)杭全神社 注連縄上げ 流町 曳行予定

午前9時   地車蔵 出発

午前9時半  鳥居前に到着

午前10時  杭全神社 着

午前10時半 杭全神社 出発

午前11時  三十歩神社 着

午前11時35分 出発 町内曳行へ

 

 

第二回 南河内地車博覧会

第二回 南河内地車博覧会「だんぱく」開催のお知らせ
だんぱく チラシ

平成26年11月30日(日)

10:00~19:00 すばるホール3階展示室 他 入場無料

大阪府富田林市桜ヶ丘2番8号

嬉 姿見

 

  • 南河内 各地区の祭礼関係物の展示
  • 地車彫刻実演
  • 本仁輪伽実演
  • 曳き唄公演
  • 地車講演「西町化粧幕の文化的価値」 講師 前田好雄氏

西町 化粧幕

  • 特別展示 太子町山田 西町新調化粧幕  他
  • 地車新調・修理相談会
  • 今年の祭礼・奉納仁輪伽ビデオ上映
  • ビンゴ大会〈小学生以下対象〉
  • こどもお絵かき、ぬり絵コーナー

 

等など 催し盛り沢山です。

 

平石 曳行

北大伴 曳行

 

上地車新報 平成二十七年 「摂河泉紀和地車暦」

3階展示室 上地車新報のブースにて販売 1部 500円

 

「だんぱく」の詳細は 「河秋会FB」(検索)まで

43号 新装地車より 河南町平石地車

43号 新装地車より 河南町平石地車

秋祭りの地車曳行もほぼ終え ようやく一段落

43号 新装地車より 河南町平石地車の9月7日(日)に行われた修理完成入魂式と試験曳きの様子です。

001_姿見

平石地車は、南河内地域特有の仁輪伽地車(石川型)で製作年・製作大工・彫刻師は不詳。明治期に富田林市の美具久留御魂神社の氏地より購入と伝わっています。同じく磐船神社氏子地の 持尾地車の彫刻と作風が似ているような…同一彫刻師か同門の彫刻師か?

002_大屋根廻り

003_獅噛み

004_車板(2)

005_大屋根 枡合・虹梁(正面)

016_小屋根 枡合・虹梁

017_小屋根 枡合・虹梁

018_小屋根 枡合・虹梁

 

今回 大下工務店にて本体・彫刻の洗い、錺金具の新調、柱の取替えし17センチ 背を高くするなどの工事が行われました。

006_入魂式風景

007_入魂式風景

008_試験曳き風景

009_試験曳き

010_試験曳き

011_試験曳き

012_試験曳き

013_試験曳き

014_蔵入れ

015_蔵入れ

第43号 新装地車より 平野区加美正覚寺地車

43号 新装地車より 平野区加美正覚寺地車

加美正覚寺地車
6月29日(日)に修理完成入魂式が行われました。大阪市内唯一「泉州式」曳行を取り入れ、本格的な「やりまわし」が見られます。

午前9時に地車蔵を出発。鳴物は鳴らさず旭神社へと向かいます

001_曳き出し(1)

002_曳きだし(2)

003_曳きだし・後テコ

004_宮前(1)

005_宮前(2)

006_拝殿前

014_姿見

江戸末期から明治初期に製作されたと推察される擬宝珠勾欄住吉型地車。平成9年に和泉市王子町より購入。今回 大下工務店にて「抜き腕」の交換を行いました。

大屋根
011_大屋根 破風形

大屋根 車板
012_大屋根 車板

小屋根 枡合
013_小屋根 枡合

午前10時 入魂式・清め払いを終え 神社を後にします。午後より試験曳きが行われました。

浄めのお神酒
007_浄めのお神酒

008_宮出し(1)

009_宮出し(2)

010_片付け